先生

在宅医療の現状

在宅医療が広がってきた背景

看護師

在宅医療のサービスが、病気を抱える患者の家庭に普及しています。在宅医療とは、在宅にて診療が受けられるサービスです。この在宅医療を受ける患者には、高齢者が多くいます。高齢であるために、通院しづらくなってくるためにこういった在宅での診療を行う病院が増えているのです。 また、患者の多くが病院ではなく自宅にて終末期を迎えたいという気持ちを持っています。その意思を尊重するために、無理のないように自宅にて療養しながら診療していく動きも活発になっています。 そしてもう1つにこの在宅医療は、国の医療費を抑えることにもつながっています。少し前までは延命治療を行う病院が多かったのですが、患者の意思もはっきりとわからない状態でした。延命治療は無理に心臓を動かしたりする行為なので苦しい状態も多く、莫大な治療費もかかることになります。そんな行為に問題視する見方が目立ち始め、自然な生き方を望む人が増えてきたのです。それをこの在宅医療のサービスが、患者やその家族の意思に従い実現させているのです。

患者の家族に求められる体制

在宅医療を受けていくにあたって、注意しておくべきことがあります。それは診療以外は家族が見守ることになるので、無理なくお世話ができる体制であることが大切です。緊急時の場合はすぐに病院へ連絡ができるシステムとなっていますが、それ以外は患者は家族が頼りです。しかし、お世話をすることが心労になってしまう場合もあります。そんなときは無理をせずに、訪問介護のサービスなどを受けていくことも考えの1つとなります。お世話をする人に心労がたたってしまえば、患者のお世話をすることができません。在宅医療では負担なく見守っていける体制が、患者の家族に求められることになります。 今は在宅医療のように、さまざまな支援サービスが広がっています。それを上手に使っていくことで、家族とその患者の安心を保っていくことができます。

糖尿病患者が料理に選んでいいとされる食材には、豆腐や野菜、きのこに海藻などがあります。また、お米の場合は、白米ではなく玄米や胚芽米を選ぶといいでしょう。そのようなものを用いた料理を毎日繰り返し行い、積み重ねると最初よりも著しく症状が緩和してくるものです。料理やサプリにしても、自分の体にいい影響を与えるものを積極的に選ぶようにしましょう。