先生

在宅で受けられるサービス

看護師

在宅医療とは、病気や高齢などの理由で通院が困難な人が自宅で医療を受けられるサービスのことです。 入院中の患者が退院後も医学的管理が必要な場合や、末期がん患者等が自宅療養を希望する場合など、基本的に医師が認めれば誰でも利用することができますが、全ての医療機関が在宅医療を行っているわけではありません。 また、容態の急変など緊急時には24時間体制で対応はしてくれますが、通常は月2回程度の訪問診療となります。希望によっては往診日を増やすこともできますが、在宅医療を受けるにあたってはあらかじめ申し込みをして、最初に往診スケジュールなどを決める必要があります。また、場合によっては在宅医療の対象とならない場合もあります。

在宅医療を受けた場合の診療費に関しては、医療保険と介護保険の両方が使えます。介護保険は要介護認定の判定を受けている高齢者が対象となります。 要介護認定を受けている人が在宅医療を希望する場合は、担当のケアマネージャーに相談することで、適切な医療機関を紹介してくれたり診療スケジュールなどを一緒に相談してケアプランをたててくれます。 在宅医療では在宅酸素や経管栄養、人工呼吸器などを利用している人でも利用できる他、ストーマーや褥瘡の管理なども行ってくれます。また、医療費が高額になった場合は高額医療費助成制度も利用することができます。 在宅医療は、病気になってもできるだけ住み慣れた地域でその人らしく生活をしていくことを目的として行われています。